保証人がいなくても大丈夫 | SNSを活用しネットの力でマンション経営をはじめよう

SNSを活用しネットの力でマンション経営をはじめよう

笑顔の男性

保証人がいなくても大丈夫

集合住宅

賃貸保証会社とは賃貸物件を借りようとする時に、保証人が準備出来ない人のために保証人の代わりをしてくれる会社になります。そのため、賃貸保証会社を使用することにより簡単に不動産会社や、貸主の賃貸物件の審査が通るようになりました。確かに賃貸保証会社は便利です。しかしながら使用には使用料がかかります。使用料は各賃貸保証会社によって異なるものの、初回に家賃の0.5ヶ月分から1ヶ月が契約金としてかかる費用の相場になります。それに加えて、1年に1回更新料がかかったり、毎月家賃の数パーセントがかかる場合もあります。また、家賃滞納があった場合に代わりに貸主へ家賃を払ってくれますが、そのことにより家賃を支払わなくてよい訳ではありません。貸主へ支払うべき家賃が賃貸保証会社へ支払わなければならなくなっただけです。したがって、家賃滞納が賃貸保証会社へ支払うべき家賃が3ヶ月以上になってしまうと、賃貸保証会社より強制退去にされてしまう場合もあるようです。

また、最近では保証人より確実に、また簡単に家賃滞納の場合の回収が出来るため、不動産会社も保証人の使用よりも、賃貸保証会社を使用する場合が増えています。保証するのは家賃滞納の場合だけではありません。例えば、現在増えている孤独死にも対応している賃貸保証会社が多く、その場合の荷物の処分費や、原状回復費用も保証します。その他、更新料、強制退去の家財の処分費など、保証出来る範囲が広くなってきています。また、不動産会社を経営している方は賃貸保証をしてくれることで、物件管理を安定して実施することができます。また、駐車場やトランクルームといったもので対応している会社もあります。どのような物件まで保証対象なのか、依頼する前に確認しておきましょう。