連帯保証人の代行サービス | SNSを活用しネットの力でマンション経営をはじめよう

SNSを活用しネットの力でマンション経営をはじめよう

笑顔の男性

連帯保証人の代行サービス

双方にメリットがある

スーツの男性

家賃保証会社の利用には、家賃滞納のリスクが減らせるという貸主側(家主)のメリットと、連帯保証人を立てなくてよくなるという借主側(入居者)のメリットがあります。しかし、主に借主側には、利用にあたって注意しておきたい点がいくつかあります。まず挙げられるのは、「家賃保証会社を利用しない場合と比べると、家賃の取立てが厳しくなる傾向がある」ということです。家賃を保証することが業務であるため仕方のないことだと言えますが、あらかじめ知っておく必要があるでしょう。次に挙げられるのは、「利用する際に審査がある」ということです。収入と賃料のバランスが取れているかどうかや、金融事故歴の有無、そして過去に家賃の滞納があったかどうかなどが審査の対象になります。

利用する人や利用料金

家賃保証のサービスは、主に連帯保証人が立てられない場合に利用されます。借主が高齢である場合や、外国人である場合、そして親や親戚に連帯保証人を依頼しづらい場合などに便利だと言えるでしょう。しかし物件によっては、連帯保証人が立てられる場合であっても家賃保証サービスの利用が義務付けられるケースもあるため、事前に確認しておくことが必要でしょう。家賃保証会社に関しては、賃貸仲介会社にあらかじめ保証会社を指定されている場合と、自分で選べる場合があります。そしてサービスの利用料金に関しては、家賃の半月分や1ヶ月分といった家賃に応じた料金である場合や、1万〜3万円といった固定された料金である場合など、会社によってさまざまです。それらの中から、自らに適したサービスを選んで利用しましょう。貸主であるならば、きっちりと滞納リスクを減らせるサービスを選択することが大切です。