住宅の円滑な確保のために | SNSを活用しネットの力でマンション経営をはじめよう

SNSを活用しネットの力でマンション経営をはじめよう

笑顔の男性

住宅の円滑な確保のために

信頼関係の向上のために

不動産模型

賃貸住宅に入居を希望する際、連帯保証人をつけるよう求められることが一般的である。これまでは親子や親族に頼んで連帯保証人になってもらうことがほとんどであった。しかし時代の流れや家族関係の変化に伴い、それを頼むことが困難になるケースも増加してきた。特に高齢者や子育て世代など特に住宅の確保が必要な世帯に対して、その入居を容易にするために「家賃債務保証制度」が設けられている。この制度を利用すると、連帯保証人は親族ではなく家賃保証会社がその役割を果たす。この制度を利用することによって、入居希望者は貸主との信頼関係が向上し、希望の物件が借りやすくなる。一方で貸主にとっても家賃の滞納というリスクを回避することができ、賃貸経営がより安定的になるというメリットがある。これらのことから、家賃債務保証制度は賃貸契約の新たな形として受け入れられているのである。

保証会社選択の重要性

このような家賃債務保証制度の利用拡大に対して、規制する法律は存在しない。そのため、家賃保証会社の中には悪質な取り立てを行うものも存在するなど、社会問題になりつつあるのも現実だ。賃貸物件に入居を希望し、家賃債務保証制度を利用する意向であれば、保証会社を選択すると安心感は増す。ただし、賃貸仲介会社や物件によっては保証会社を指定できない(賃貸仲介会社が保証会社を決める)ことがある。その場合は、保証会社がどのような評判かをインターネットで調べたり、そもそも会員となっていない保証会社の物件自体を選ばないほうが賢明であろう。もちろん、家賃を滞納しなければ何事もなく済むのだが、万一のためにも保証会社は慎重に選ぶべきである。